スタッフブログ

2020.05.04

トヨタ

【地デジチューナー取付】00831 トヨタ 50系 センチュリー様(TA-GZG50)




ご成約車両 トヨタ 50系 センチュリー様の「地デジチューナー取付」を行いましたので、ご報告いたします。

こちらの型式のセンチュリーは、外部入力がありませんので、「ビデオモジュレーター」を使用して、アナログ配線に割り込ませます。

センチュリーは、トランクルームに配線する必要がありますので、難易度大です。

では、ご紹介いたします。

地デジチューナー取付




こちら、地デジチューナーとは関係ありませんが、TVキットも取付ますので、モニターを取り外します。





助手席から運転席まで、ウッドパネルがつながっていますので、かなり怖いです。。。





パネルには、コネクタが1個ついていますので、外します。





外れました。





モニターを取り外す準備完了です。





ちなみに、パネルの爪はこんな感じです。





アンテナなどを取付ますので、グローブボックスを外します。





リアまで配線しますので、スカッフプレートも外します。





センチュリーはリアシートを外さなくても、配線できますので、シート横を外していきます。





トランクルームの内装も外します。

詳しくご紹介したいですが、すごく長くなりますので、詳細は省略します。





こちら、外した内張り達。

整理して置いておかないと、踏んだりしてしまいますので注意





こちらのモジュレーターを使用します。

アナログTVチューナーがある車両なら、どんな車両にも取り付けれると思います。





まずは、動作チェックします。





アナログアンテナの線に割り込ませます。

この赤丸のところが、つなげている部分です。

動作チェック後に、ハンダ付けをします。





配線を処理しました。





動作チェック完了しましたので、配線を通す穴を開けます。

こちら、先程のリアシートの横の部分です。





配線を通します。





トランクルームの配線完了





電源はオーディオ裏から取ります。





パネルは4つの爪で止まってますので、爪の部分を内装剥がしで浮かして外します。





オーディオはネジのみで止まってますので、ネジを外せば取れます。





電源を取る前に、アンテナ類を取付





さらに動作チェック。

まだ、車両から電源はとってませんので、コンバーターを使い12Vを流しています。





動作OK





アンテナ線などを助手席下まで通しました。





オーディオの下段カプラーから電源を取りますが、上段のカプラーにもACC電源のような反応がする配線がありますので、数字の出るテスターでチェックする方が安全です。

上段には3Vくらいの電源が流れています。





下段の白カプラー灰色線がACC電源です。





さらに、動作確認。





テレビキットを取り付けます。





センチュリーは、パーキングと車速で画面をコントロールしてますので、パーキングをアースに落として、車速を遮断すればOKです。





少し走って、動作チェック





パネルなどを戻して完了です。

パネルを戻す前に、十分に動作チェックしないと、大変な事になりますので注意。

本日も無事作業完了いたしました。


お電話でのお問い合わせ 052-309-7577