スタッフブログ

2019.01.26

トヨタ

ご成約車両|00417 トヨタ クラウンマジェスタ 4.3Aタイプ様(DBA-UZS186) 2/2






字光式ナンバーに引き続き、1回目の磨きと、オイル・バッテリー交換の作業状況をご報告いたします。

本来は、1回目の磨きから品質管理センターで行いますが、コーティング車両多数のため、少し先走ってすすめました。

二度手間にはなりますが、期間は短縮できます。

1回目磨き





洗車・鉄粉取りをして、異物を除去します。

異物除去が非常に重要な作業となります。





マスキング





右フロントフェンダー完了





運転席ドア完了





右リアドア完了





右リアクォーター完了





リア完了





左リアクォーター完了





左リアドア完了





助手席ドア完了





左フロントフェンダー完了





ボンネット完了





屋根完了




品質管理センターに移動して、さらにポリッシングしてから、コーティングいたします。

オイル・バッテリー交換






キャップを開けておかないと、なかなかオイル排出できません。





リフトアップ





ドレーンボルトはこちら





緩めます。





ドレーンボルトを外します。

他のタイプの工具も使って見ようかと思っています。





オイル排出。





外したドレーンボルトを、きれいに清掃して新しいパッキンを入れます。


オイルが抜けきったら、





ドレーンボルトをトルクレンチで締めます。

トルク管理大切です。





お次は、オイルフィルター交換。

この位置に隠れています。





開けるとフィルターが出てきます。

作業性の良い位置にあります。





カップ式フィルターレンチで外しました。





カップ式フィルターレンチがはずれない時は、スパナでたたくと外れます。





新しいフィルターを装着





規定量のオイルを準備します。

オイルフィルターを交換したときと、交換しないときでは、量が違いますので注意。





オイルを入れます。





エンジンを少し回してから、オイルの量をチェック。

規定量ですので、ほぼ大丈夫ですが、二重のチェックです。





バッテリーを





新しいバッテリーに交換




足回りなどの点検は、運輸局に指定されている、指定工場にて後日行います。

お電話でのお問い合わせ 052-309-7577