スタッフブログ

2019.01.25

トヨタ

ご成約車両|00417 トヨタ クラウンマジェスタ 4.3Aタイプ様(DBA-UZS186) 1/2






ご成約車両 トヨタ クラウンマジェスタ様への、字光式ナンバー取り付け・オイル交換・バッテリー交換・コーティング前段階磨きを行いましたので、ご報告いたします。

すごく長くなってしまいますので、2回に分けて報告いたします。

字光式ナンバー取り付け|リア





まずは、リアから取り付けいたします。





トランクの内張りを剥がします。





クリップ多数で止まっております。





字光式ナンバーに変更すると、ナンバー灯は必要ありませんので、コネクタを抜いておきます。

この車両は、警告灯が出ませんので、助かります。

球切れの警告が出る車両は、抵抗などをつけないといけません。





スモールをつけると電気が流れる線から電源を取ります。





ナンバー裏の穴から配線を入れます。

字光式ナンバーには、コネクタがついてる場合がほとんどですので、コネクタは切ってしまいましょう。





配線が裏からでてきました。





配線処理する前に、動作確認。

動作確認が一番大切な作業です。





動作確認完了。





このような感じで配線処理します。

配線をきれいにしておかないと、後のトラブルの原因となります。





いい感じです。





リア完成!!

字光式ナンバー取り付け|フロント





まずはカバーを外します。





ピンを多数外せばOK。





現在、点灯しているスモールライトから電源をとりますが、18 マジェスタは上からアクセスできません。

ここが、マジェスタの大変なところです。

もちろん、スモールランプの球が切れても、簡単には変えれません。





タイヤを外します。





インナーフェンダーを外します。







フォグランプの上側にあるのが、スモールランプです。

バンパー外す方が速いかもしれません。





電源いただきました。

しっかりと配線を保護しましょう。





動作確認OK。





電源が取れれば、インナーフェンダーを戻し、タイヤを取り付けます。





横に走っているコルゲートチューブが字光式ナンバーの配線です。





字光式ナンバーを取り付けて配線処理。

ボンネットを開けた時に、極力目立たないように処理しております。





取り付け完了です。




リフトがありますので、楽に作業できますが、ジャッキのみだと本当に厳しい作業だと思います。。。

次回は、1回目磨きと、オイル交換をご報告いたします。

お電話でのお問い合わせ 052-309-7577